「うみがたり」では、サケと上越地域とのつながりや、サケの魅力を発信するために、令和2年から「鮭の日(11/11)」を盛りあげるさまざまな取り組みを行っています。今年も「おかえりサーモン」と題し、産卵するために海から生まれた川へ帰ってくるサケの魅力を紹介します。

サケお引越しプログラム2022

   

約1,000匹のサケを「うみがたり大水槽」へ放流します。どなたでもご参加可能!放流するサケは、「うみがたり」で今年生まれ、バックヤードで成長した若魚です。毎年、11月11日の「鮭の日」に合わせて実施してきましたが、今年は上越の一大イベント「越後・謙信SAKEまつり」にあわせて10月22日・23日に実施!この2日間は上越で2種類の“サケ”をお楽しみください♪

日時

10月22日(土)・23日(日)

終了しました。多くのご参加ありがとうございました!

時間

11:11~11:40

場所

3F 日本海テラス

料金

無料

うみがたりカレッジ出張講座 サケの遡上観察

 

飼育スタッフと一緒にサケが力強く遡る姿を間近で観察します。観察会の中では、飼育スタッフがサケの生態や漁業組合が行っている取り組み、環境問題などについて紹介します。また、サケは川のにおいを辿って遡上してくるといわれており、ゴミなどによって川のにおいがわからなくなってしまう恐れがあります。活動の中では、サケを守る一歩としてまた、サケがたくさん帰ってくることを願い、周辺の清掃活動も実施します。

日時

令和4年11月12日(土)・11月19日(土)11:00~12:30
※各日定員15名さま

場所

上越市桑取川河口付近

料金

保険料:500円/人
※現地に同行する場合は付き添いの方も保険加入が必要です。

参加条件

自力で歩行が可能な方、現地集合が可能な方(小学生以下は18才以上の保護者同伴)

持ち物

長靴、雨具、防寒着

応募方法 はがきにて応募、または「うみがたり」窓口にて受付します。参加者全員の氏名と年齢、代表者さまの電話番号をご記入ください。応募多数の場合は抽選し、10月30日(日)までに当選者へ連絡します。
応募は終了いたしました。

遡上見学レポート

2022年11月12日・19日ともに秋晴れの中、上越市内の桑取川河口付近で、サケの遡上見学を行いました。橋の上から川をのぞくと多くのサケが遡上しているのが観察でき、参加された皆さまからは「おお!」という歓声が上がりました。川の近くへ向かうと、サケの群れが川の流れに逆らって泳ぐ様子がよりはっきりと確認できます。漁協の方からは、豊かな川や森、海を守ることがサケの繁殖や遡上につながっていることなどをお話していただきました。
身近なサケの遡上の様子を実際に見る事で、生きものの力強さや、尊さを感じることが出来たかと思います。