2018年6月、上越市に新しい水族館がオープンします。
海と人が「語りあう」ことで新しい価値を「うみ」だす水族館、
「上越市立水族博物館 うみがたり」。
「上越市立水族博物館 うみがたり」は、
60年以上水族館と共に歩んできた市民の皆さんにとって
愛着と誇りを持てる施設となることを目指して、
「まちを元気にする水族館」として地域の皆さまと一緒に歩んでまいります。

キミと日本海の物語がはじまる。

あなたはきっと、海の不思議に夢中になる。
見たことのない美しさに心を奪われる。
上越の海とまちをもっと好きになる。

訪れる人の数だけ
新しい物語が生まれる場所、
それが「うみがたり」。

愛称・ロゴマーク

 

●愛称 「うみがたり」

上越市立水族博物館の長い歴史の中で、訪れた人は海について語り合い、さまざまな「ものがたり」を紡いできました。その歴史を受けつぎ、未来に向けた新しい「ものがたり」を生み出していく水族館となることを願い、より親しみを持っていただくために愛称を『うみがたり』としました。

●ロゴマーク

『うみがたり』のロゴマークは、施設の特徴である最上階からの情景をモチーフに、夕焼けの「空」、「日本海」、そして「大水槽」を表しています。海への畏敬の念を大切にしながら、上越市の新しいシンボルにしていきたい。そんな想いが込められたロゴマークです。

 

公式キャラクター

 

マゼランペンギンとロゴマークをモチーフにした2羽のペンギンです。

●うみくん(青いペンギン)
オス・7歳。好奇心旺盛で、おしゃべりが大好き。
趣味はかくれんぼ。

●かたりん(黄色のペンギン)
1歳メスの子どもペンギン。性格はのんびり屋でちょっとだけ面倒くさがり屋。青いペンギンと仲良しで、いつも後ろをついて歩いています。趣味はお昼寝。

上越市立水族博物館のあゆみ

水族博物館をご愛顧くださる全ての皆様に心からの感謝を込めて、記念誌「上越市立水族博物館のあゆみ」を発行いたしました。