「うみがたり」2期生となるヒナたち

マゼランペンギンミュージアムでは春先から2年目となる繁殖シーズンを迎え、ペア数も昨年の34ペアから45ペアに増えました。そして、4月21日に最初のふ化を確認し、現在では巣から出てくることも増えてきました。一方、最近ふ化したヒナは最初にふ化したヒナから1か月近く開きがあるのも飼育数が多い「うみがたり」ならでは。様々な成長過程をご覧いただける最良の時期を迎えています。

 
   

マゼランペンギンは1シーズンに1~2個産卵するため、中には2羽のヒナを育てているペアもいます。ヒナの成長は早く、10日ほどで見違えるほど大きくなります。

マゼランペンギンの子育てはオスメス交代でヒナをお腹の下で温めながら世話をします。親ペンギンは消化したエサを吐き戻してヒナに与えています。このような食事シーンや鳴いている姿も垣間見ることができます。

 

昨年10月にはこれまでの実績により、アルゼンチン共和国・チュブ州政府から、
国内では初めてとなるマゼランペンギンの「生息域外重要繁殖地」に指定された「うみがたり」。
今の時期しか見られないヒナたちの貴重な姿をぜひ、ご覧ください。

今年もグループ名を募集します!

今年産まれたマゼランペンギンのヒナたちのグループ名を一般募集します!

昨年は「うみがたり」のヒナ1期生に愛着をもっていただきたく、グループ名を募集したところ、1,102通ものご応募をいただきました。厳選した結果、「うみがたり」を象徴し1期生にふさわしいという理由から「うみりんず」に決定しました。
今年もすくすく育っている2期生にふさわしい、皆さまに愛着を持ってもらえるような、そんなグループ名をつけたいと思っております。
みなさまのご応募お待ちしております!

 
 
 
 

マゼランペンギンのグループ名募集

期間

令和2年7月1日(水)~7月19日(日)

募集

マゼランペンギンミュージアム前に応募コーナーを設置

発表日

令和2年8月1日(土)

昨年のグループ名

うみりんず

公式SNSで生きものの様子を配信中!

「うみがたり」では、生きものが持つかわいらしさや素晴らしさ、魅力をもっと身近に感じていただけるよう、公式SNSで配信しています。飼育スタッフ目線から撮影した画像や動画、生きものの生態がわかる解説動画、「うみがたり」のおすすめ撮影スポットなど盛りだくさんです。

今後はヒナの様子も公式SNSを通してお届けしていきますので、ご注目ください。