「ヒゲナガヤギウオ」は上越沖の水深約200mから水揚げされました。当初は、すでに知られている「ヤギウオ」かと思われていましたが、生息する水深など異なる点があり、研究機関へ助言を求めたところ、「ヤギウオ」とは別種であることが判明しました!
「ヒゲナガヤギウオ」は現在、研究論文が執筆されている最中で、まだ図鑑にも載っていない魚です。まだまだ謎が多い魚なので、「うみがたり」では飼育を通して生態の解明を行っていきます。

期間

令和2年9月26日(土)~

場所

2階 ふれんどプール前 特別水槽

※生きものの体調により急きょ展示を中止する場合があります。

ヒゲナガヤギウオ

 
体長

約15cm

生息地

水深200m前後(上越沖の場合)

特徴

下アゴから伸びる長いヒゲは、エサを見つけるための役割と考えられています。