上越市立水族博物館『うみがたり』は多くのお客さまに支えられ、今年6月26日で開館4周年!これまで支えてきてくださった皆さまに感謝の気持ちを込めて、生きものたちの魅力を詰め込んだイベントを実施します。4周年は「うみがたり」のシンボル、マゼランペンギンをフィーチャー!

飼育スタッフによる特別レクチャー

マゼランペンギンのヒナのおはなし

 

現在すくすくと成長中のマゼランペンギンのヒナをフィーチャーし、ヒナの姿や育雛について飼育スタッフが解説します。すくすくと成長しているヒナたちの公開体重測定も実施!今年生まれたヒナの数や、一番大きいヒナの大きさのほか、巣穴で過ごす様子などこの時期のアツイお話をお届けします。元気に育っているヒナの様子をぜひ温かく見守ってください。

期 間

6月26日(日)、7月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)

時 間

13:00~(10分程度)

場 所

2F マゼランペンギンミュージアム

クリアした方にはステッカープレゼント!

4周年記念!ペンギンスタンプラリー

どなたでもご参加いただける館内スタンプラリー企画!館内4か所にオリジナルスタンプを設置します。スタンプ設置場所にはマゼランペンギンのマメ知識を掲出し、館内を巡りながらマゼランペンギンについてより深く学ぶことができます。スタンプを全て集めた方には、オリジナルステッカーをプレゼント!

期 間

6月25日(土)~8月28日(日)

場 所

館内各所(4か所)

特 典

オリジナルステッカー

新規設置!

子育てカメラ

 

繁殖シーズンを迎えたマゼランペンギンたちは、巣を決めた後、子育て環境を整えるためにそれぞれ巣材を集めて快適な空間を作りあげ、巣内で産卵や抱卵のほか、ふ化や育雛を行います。今回、巣内で過ごす様子をリアルタイムで観察することができる高感度カメラを巣箱に設置!オスメス交互にヒナを温めたり、エサを与えたりという子育てをする様子のほか、お昼寝の様子などさまざまなくらしをご覧いただけます。ペンギンたちがお出かけ中で空になった巣箱も貴重かも?!

場 所

2F マゼランペンギンミュージアム

最新のペンギン事情を網羅!

うみがたり マゼランペンギン相関図2022

 

「うみがたり」のマゼランペンギン120羽以上の関係性を記載した巨大な相関図をリニューアル!上越市でペンギン飼育を スタートした時からいるご長寿ペンギンからニューフェイスまで、複雑な関係性が読み取れるのも、飼育数が日本一である「うみがたり」ならではです。昨年誕生したなかまたち「ケンペンズ」や新たな関係性を加え、ビッグファミリーや新生カップルなど、相関図を通して「うみがたり」のマゼランペンギンの今が見えてきます。関係性を知ってマゼランペンギンをご覧いただくと、今までよりも更に身近に感じられるかもしれませんよ♪

期 間

6月26日(日)~ 通年掲示

場 所

2F マゼランペンギンミュージアム

マゼランペンギンといえば…!?

第5回 マゼランペンギンクラフトフェスタ上越

 

全国からマゼランペンギンファンが集う、マゼランペンギンクラフトフェスタ上越が3年ぶりに帰ってきます!今年は「うみがたり」の4周年に合わせ、6月25日(土)・26日(日)の2日間開催!
マゼランペンギンクラフトフェスタ上越は、2016年から上越市とイベント有志の市民により行われているマゼランペンギンを主なテーマとした手作りアートの展示販売イベントです。県内外の約60組のクラフト作家による、マゼランペンギンにちなんだアクセサリー、イラスト、陶器や、ぬいぐるみといった雑貨を販売。ワークショップなど体験型の店舗も出店します。
この2日間は、「日本で一番多くマゼランペンギンがくらすまち・上越市」を盛り上げるイベント『マゼフェス』にお出かけください♪

期 間

6月25日(土)・26日(日)

時 間

10:00~16:00

場 所

上越市海浜公園
住所 上越市西本町4-17-5
※小雨決行(大雨・強風の場合は、会場に隣接する「直江津屋台会館」で開催)

今年も魅せます!

ART OF REBORN 2022

4周年の感謝の気持ちを込めたサンドアートを 「うみがたり」エントランス前に設置します。サンドアートは、直江津の海岸で採取した砂を固めながら海の生きものを造形したもので、昨年に引き続き砂像彫刻家である保坂俊彦氏に創作いただきます。サンドアートは、「うみがたり」からインスピレーションを受けて創作いただく完全オリジナル作品で、360度どこから見てもお楽しみいただけます。サンドアートは、やがて普通の砂に戻るというその儚さが、生きものの持つ美しさをいっそう引き立てます。

期 間

6月25日(土)~8月28日(日)

場 所

エントランス前 広場

保坂 俊彦

彫刻家 宮城県東松島市地域おこし協力隊所属。
1974 年 秋田県生まれ
1997 年より砂像の制作を始める。
1998 年 東京藝術大学 美術学部 彫刻科 卒業。
ドイツで行われたサンドアート世界大会で 3 位。中国の世界大会で準優勝。2017 年の台湾で行われた世界大会で優勝など数々の受賞歴がある。進撃の巨人の砂像や日清カップヌードルの砂像など多数制作。