イルカは人間と同じ肺呼吸をしているので、水中でぐっすり眠ってしまうと水を飲んでおぼれてしまいます。そのため、脳を片方ずつ休ませる「半球睡眠」を行います。右目を閉じている時は左脳が眠り、左目を閉じている時は右脳が眠っています。