神秘なる海へ

 

私たちの食卓でもなじみ深いイカやタコなどのなかま(頭足類)を展示します。釣りの対象として人気のあるアオリイカや、飼育展示が難しいとされるスルメイカ(ツツイカ類)の長期飼育を計画しています。

くらげギャラリー

 

優雅に水中を漂う姿が人気のあるクラゲのコーナーです。光の演出を生かして、多くの人々に楽しんでいただける飼育展示をします。

イルカホール

 

イルカの通年展示!さまざまな手法でイルカの魅力を伝える水中

「イルカホール」はイルカがパフォーマンスを行う「イルカスタジアム」の下部に位置し、パフォーマンスを水中から見ることができるように設計されています。冬期は「イルカホール」からご覧いただける水中パフォーマンスを行います。

きらめきリーフ

   

サンゴに集う、彩りあふれる生きものたち

サンゴ礁域でくらす色とりどりの生きものたちを展示します。生物多様性の宝庫と言われるサンゴ礁域の多様な環境をご覧いただくことで、地球規模で自然を守っていくことの大切さを伝えます。

マゼランペンギン ミュージアム(2Fエリア)

     

飼育数日本一!
上越市が誇るマゼランペンギンの群れを圧倒的な近さで体感

「マゼランペンギンミュージアム」の2階は、マゼランペンギンの一大生息地であるアルゼンチン共和国のプンタ・トンボを再現した展示エリアとなっており、ペンギンたちの様子を間近で観察することができます。エリア内に設けられたウォークスルーには、ガラスなどの隔たりはありません。1F屋内のエリアでは、空を飛ぶように水中を泳ぐペンギンたちも見ることができます

【10月21日】新潟県内において、高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されました。これを受け、当館の安全基準に従い、当面の間、マゼランペンギンの展示と「ペンギンフィーディング」イベントを休止いたします。