日本海テラス

   

ここから、日本海をめぐる「ものがたり」がはじまります。

上越市の新しい絶景スポット。大水槽と日本海の水面が一体となった開放された空間です。日本海の波音や風、水面に反射する陽の光を感じながら、雄大な日本海と夕やけの空を一望することができます。

イルカスタジアム

舞台は日本海!
イルカたちが魅せる圧巻のパフォーマンス

     

「イルカスタジアム」は約450席を備えており、バンドウイルカ3頭が、まるで日本海と繋がっているようなプールで力強いパフォーマンスを披露します。スタジアムのプールは2階の「イルカホール」と繋がっており、水中を泳ぐイルカの様子をご覧いただくこともできます。

※「ドルフィンパフォーマンス」はただ今の期間、2Fイルカホールにて行っております。

Scene1 美しい日本海

 

私たちが暮らす陸地からほど近い海に目を向けると、そこには美しい生きものたちの楽園が広がっています。ここでは、アマモが彩る海中に広がる草原のような美しい環境や、日本海で見られる美しい魚の群れを飼育展示します。

Scene2 うみがたり大水槽

     

日本初! サケとブリの混泳!
日本海・上越沖の魅力あふれる大水槽

イワシの群泳やアカシュモクザメ、コブダイやマンボウなど50種38,000点の生きものと日本海の魅力あふれる「うみがたり大水槽」。上越沖は、寒帯域を回遊するサケと、温帯域を回遊するブリがどちらも見られる海域です。その特性を、うみがたり大水槽で表現します。

Scene3 暖流のめぐみと日本海

   

日本海の豊かさを支える暖かい流

九州方面から、日本海を北上する暖かい流れ「対馬暖流」。南の海でくらす魚たちがこの暖かい流れに乗って、日本海にやってきます。季節ごとにやってくる魚たちも、上越沖に広がる日本海の豊かな生態系を支えています。

Scene4 私たちと日本海

   

今も昔も変わらずに続く人と海との繋がり

遠い昔から、日本海と人々は深い絆で結ばれてきました。その歴史は食や漁業など、私たちの生活の身近なところに繋がっています。上越市ならではの食文化・漁業の紹介などを通して、上越市と日本海の関係を伝えます。

Scene5 日本海の多様性

うみがたりチューブ

   

日本海の豊かさを象徴する個性あるなかまたち

日本海は、表層を流れる対馬暖流と深層にある冷たい水塊「日本海固有水」によって、さまざまな生きものがくらせる特別な環境がつくり出されています。そこでくらす個性豊かな生きものたちの飼育展示を通して、日本海の新しい魅力を伝えていきます。

イーストホール / ウエストホール

うみがたりチューブによって繋がれた前後の空間「イーストホール」・「ウエストホール」では2つの異なる
映像演出を行います。

 

Scene6 日本海を育てる山と大地

 

日本海の豊かさを支える上越が誇る大自然希少生物がくらす、守るべき自然があります

日本海の豊かさの理由は、上越の豊かな自然の中にもあります。雪国・上越では、春になると積もった雪がとけて、大地の栄養をとりこみながら河川を流れていきます。そして、日本海にたどり着き、生きものたちを育みます。また、上越の山や大地の淡水域では、国内では生息地の限られている希少な生物を見ることができます。ここでは、上越の淡水でくらす生きものの飼育展示を通して、自然を守っていくことの大切さを伝えていきます。